カリスマ美容師が、お客様に「毎月、髪を切りに来なくていい」と言う理由

インスタグラムの活用方法


【ダイアモンド】2020年9月6日


Instagram+TikTokの合計フォロワー27万人超えの美容師、小西恭平さんをご存じでしょうか。月間新規指名客数400人以上。全店総指名数、売り上げNo.1。新規客の予約が1日100件入ったこともあるという小西さんは、表参道の人気ヘアサロン「Of HAIR」に務めるカリスマ美容師です。

そんな彼は、初の単行本『あなたは髪を切らなくても変われる』のなかで、美容師でありながら「髪を切らなくても新しい自分になれる」と断言しています。

この記事では、インスタのフォロワー数を伸ばし、結果的に書籍の出版にまでいたった小西さんのSNS戦略や、仕事術について掘り下げました。


(取材・構成/川代紗生、撮影/疋田千里)


● 万人ウケを狙うなら 「乃木坂46」を目指せ


 ──小西さんは、Instagram+TikTokの合計フォロワー27万人とかなりの発信力をお持ちです。「書籍を出版したい」という目標があったうえで、インスタのブランディングをされていたのでしょうか。


 小西:いえ、SNSは単純に、お客様への告知用と思ってはじめました。インスタは、ターゲットをまず決めて発信していましたね。


 世の中の女性で、どういうタイプの人が周りから好かれるんだろう? と考えたときに、「乃木坂46」が思いついたんです。彼女たちは、誰からも好かれるでしょう? 清楚でかわいらしくて。いろんなアイドルがいますが、「乃木坂46」の子たちって、すごく万人ウケするなと気がついて、インスタ全体を「乃木坂テイスト」にしたんです。


 乃木坂が流行り出したとき、「何でこんな爆発的に売れるんだろう?」と考えました。全然興味なかったんですけどファンクラブにも1回入って研究した結果、乃木坂にいる子たちってこういう性格で、こういう顔立ちで、こういう振る舞いをしているから好かれるんだな、とわかってきた。


 結局、かわいい女性はかわいい女性に憧れると思うんですよね。だから、そういう「憧れるようなインスタ」を意識してつくっていました。なので奇抜なスタイルやガーリーなスタイルはあまり載せないようにしているんです。モデルさんも「乃木坂」風の、清楚でかわいい人にお願いするようにしています。


● インスタ写真の 「Before→After」が大ヒット


 ──どのようにしてフォロワーが増えていったんですか?


 小西:最初は、インスタがなかなか集客につながりませんでした。そこで思いついたのが「Before→After」がはっきりとわかるような写真や動画を載せるというもの。


 RIZAPのCMを見て、「何でこんなに人気が出たんだろう?」と考えていたとき、「インスタに後ろ姿を載せている人は見たことあるけど、正面の『Before→After』を載せてる人っていないな」と気がついて。それで、正面からの「Before→After」を載せたら、すごくヒットしたんです。あれは、人生が変わった瞬間でしたね。それがお客様に届くようになり、人気が出るようになりました。


 書籍も、もともとはインスタで知名度を上げて、それからいつか本を出せたらいいなと思っていたくらいだったんですけど、今回、編集者の方がいいタイミングで来て声をかけてくださって、出版にいたりました。


● 「切らなくていい」 「来なくていい」と言う美容師


 ──今回の書籍タイトルは『あなたは髪を切らなくても変われる』。これ、美容本の中でもかなり特殊だと思うんです。「切らない」というテーマに設定したのは、何か理由があったんでしょうか?


 小西:美容室で働いていると感じるのですが、切らなくてもいい人って、いっぱいいるんです。「変わりたかったら切るしかない」なんてことはなくて。美容師として経験を重ね、自分がつくるスタイルが人から認められていくうちに、「自分が今この女性を切らなくても変われるな」と思ったら、「切らない選択肢」を与えてあげたいと感じるようになりました。今日の美容室代を、他の遊び代や洋服代に回させてあげたほうが、もっとこの人は幸せになれるんじゃないかなって。


 前髪は1ヵ月に1回くらいのペースで切ったほうがいいとは思うんですが、全体のカットはそこまで頻繁に切る必要はない。1ヵ月で伸びるのは、せいぜい1.5センチから2センチ程度です。それなら、自分の技術力を上げて、できるだけ来店率を下げてあげたほうが、お客様にとってもお金も時間も浮くし、いいことしかないと思うんです。


 だから僕のお客様は、リピートがすごく多いんですが、来店率をあえて下げてもらっています。僕は「来なくていいですよ」って言う美容師なんです(笑)。


 もちろん、ショートやボブの方、量が多い方など、1ヵ月~1ヵ月半に1回のペースでカットしたほうがいい人もいます。でも、あまり人から見られるような仕事じゃないとか、結ぶことが多い人なら、そこまでしなくていいと思います。


 だって、髪を切らなくても変われる方法はたくさんあるんですよ。だから、まずは自分で努力できるところを努力して、それでも無理な場合は切って変わればいいんじゃないかなと思うんです。


● お客様と美容師が 人生を共にしていく


 ──お客様の髪を切った、その先の生活や人生まで想像するようになった経緯を教えてください。


 小西:最初、僕が美容師になりたてのときは、売上もほしいし、切ったら変わるし、たしかに「早く来てください」って言ってたんです。


 でも、自分の仕事が評価されて、指名がどんどん増えていったときに気がついたんですよね。本当のことをもっとお客様に伝えていかなきゃいけないって。


 それで、お客様を「切らなくてもいい人」と「切ったほうがいい人」に分けるよう、仕事の仕方を変えました。


 美容室には、いつも努力されてる方もいれば、「普段何もスタイリングしないんですよ」みたいな方もいる。もちろんそういう方はそういう方で全然いいんですけど、「今だけよければいい」ってわけじゃない。僕ら美容師が、美容室に来てくれたときにかわいくするのは当たり前。でも、帰ったあとに自分でスタイリングできるかどうかもすごく大事じゃないですか。


 だって、仕事や子育てで忙しくて美容室に行けない人もいると思うんです。だから、その人のライフスタイルに合わせた髪型を提案してあげたい。できるだけ長く、切らずにキープできるような髪型を提案することもあります。


 僕の理想は、「お客様と人生を共にしていく美容師」。だから、そのときだけパッとかわいくするんじゃなくて、家に帰ったあとのことも考える。「彼氏さん、どんな人が好みなんですか?」と聞いたりもします。あとは、たとえば彼氏さんと別れたとき、「次、どんな人に好かれたいですか?」と聞いて、それに合いそうな髪型を提案することもあります。


 切ったあとの、その先を考えてあげたほうがお客様も「この人って、そこまで考えてくれるんだな」と思ってくれるんじゃないかなと。


● 髪型が変わり、告白する 勇気をもらった女子高生


 ──これから、どんな美容師として働いていきたいですか?


 小西:お客様の人生をハッピーにしたいです。髪型で、その人の印象、すごく変わるでしょう? たとえば彼氏ができるとか、友達ができるとか、何でもいいんですけど、僕が関わったことによって、そのあとの生活が今よりよくなったらいいなって思う。


 僕、髪型が人を呼んでくれると思ってるんです。「かわいい」とか「オシャレになったね」とか、お客様が周りからほめられる。周りの人がいい髪型だなと思ったら、「どこで切ったの?」と聞くでしょう? そうすると僕にもお客様にもプラスだし(笑)。


 僕のところに来るお客様の場合、「彼氏ができた」という人が圧倒的に多いんです。そうすると、その子の彼氏を紹介してくれたりもするんですよ。


 ──これまでたくさんのお客様を担当されてきたと思いますが、印象深かったエピソードなどはありますか?


 小西:お金がないけど一生懸命バイト代を貯めて、地方からわざわざ新幹線で来てくださった女子高生のお客様がいました。お金も時間も相当かけて、カットしに来てくださって。黒髪で量も多くて、前髪の幅も狭くて、日本人形みたいな感じだったんですね。それで、そのときに着ていたラフな洋服に合わせてちょっと抜け感があるスタイルに仕上げました。完成したら、とても喜んでくださって。


 そのあと、インスタのDMをいただいたんですけど、じつは好きな人に会う前だったそうです。「どうしても小西さんのところに行って自信をつけて、告白する勇気をもらいたかった」と。うまくいったらしく「本当にありがとうございました」とメッセージをいただきました。とても嬉しかったですね。


 僕自身も、コンプレックスの塊でした。彼女も全然できなくて「自分を磨こう!」と決意して。髪型をガラッと変えたことによって、劇的に人生が変わった。いいことが起こるようになった。日常が変わったんです。


 髪型で第一印象が変わる。第一印象が変わると、それが結果的に自信につながり、性格が明るくなる。自信がついて楽しく生きていると、結果的にモテる。


 だから、やっぱり僕が目指しているのは「万人ウケ」する、「モテる」髪型なのかなと思っています。同性からでも異性からでも、モテてうれしくない人って絶対いないでしょう? 髪型で明るく見えるようにして、今まで怖かった印象を変えて、ちょっとやわらかい感じを演出してあげると、人づきあいもよくなる。今まで自信がなく歩いていた人が、自信を持って歩いてくれたらうれしいです。


 これからも美容師として、誰が見ても「かわいい」「カッコいい」「キレイ」と思うようなスタイルを追求していきたいと思っています。


インスタグラムのフォロワーを5000人にしませんか?



例えば、良質なコンテンツを用意しても、それを見てくれるユーザーがいなければ意味がありません。


インスタグラムを使って集客するためには、まずフォロワーを十分に増やす必要があります。フォロワーの数はアカウントの信頼性にも直結するため、イメージアップにつなげることも可能だと思いませんか?


ただ、最近はインスタ映えするコンテンツを投稿しても、なかなかフォロワーが増えなかったり、一過性のフォロワーが集まったりする傾向にあります。そのため、店舗や商品のターゲットを設定した上で、そのターゲットとなるユーザーに訴求することが大切です。


でも、あなたの仕事は、本体はインスタ運用ではないはずです。インスタグラム の集客ができるパターンがわかっても、その施策を行う時間は相当なものです。


ネットフェニクスでは、そのターゲティングされたフォロワーを増やすという点を解決する、Limのインスタフォローアップ集客システムをご紹介します。


このシステム導入によって、


・フォロワーが増えない

・増えても全く興味のない人しか集まらない

・増やす方法がわからない

・増やす時間がない


このような課題をたった半年で解決してくれます。


その事例やシステムの仕組みは、→ こちら。