山形の老舗洋菓子店、大型パフェで中心市街地に集客

インスタグラムの活用方法


【日経新聞掲載】2020年9月2日


山形市の老舗菓子店、十一屋(じゅういちや)が特徴的な商品をテコにした集客を始めた。中心市街地の七日町に菓子販売と洋食・カフェの併設店を運営するが、市街地空洞化で来街者が減少。新型コロナウイルスの影響も重なり、若い世代の取り込みを目指す。


このほど「スペシャルシャインマスカットパフェ」を発売。地元農家から直送したマスカットに、60年以上続く自社のソフトクリームなどを組み合わせ、高さ28センチメートルのジャンボサイズでインスタ映えを狙う。今後もクリやリンゴなど季節感があるインパクトのある商品を投入する。


七日町は県民会館の移転や百貨店の大沼が閉店し、七代目の松倉公一社長は「土日の通行量は2~3割減少した」という。自社の店もイベントや買い物帰りに立ち寄る客が減ったうえ、コロナ禍で贈答需要が激減している。外部のアドバイスを得ながら、新たな客層を開拓する。


インスタグラムのフォロワーを5000人にしませんか?



例えば、良質なコンテンツを用意しても、それを見てくれるユーザーがいなければ意味がありません。


インスタグラムを使って集客するためには、まずフォロワーを十分に増やす必要があります。フォロワーの数はアカウントの信頼性にも直結するため、イメージアップにつなげることも可能だと思いませんか?


ただ、最近はインスタ映えするコンテンツを投稿しても、なかなかフォロワーが増えなかったり、一過性のフォロワーが集まったりする傾向にあります。そのため、店舗や商品のターゲットを設定した上で、そのターゲットとなるユーザーに訴求することが大切です。


でも、あなたの仕事は、本体はインスタ運用ではないはずです。インスタグラム の集客ができるパターンがわかっても、その施策を行う時間は相当なものです。


ネットフェニクスでは、そのターゲティングされたフォロワーを増やすという点を解決する、Limのインスタフォローアップ集客システムをご紹介します。


このシステム導入によって、


・フォロワーが増えない

・増えても全く興味のない人しか集まらない

・増やす方法がわからない

・増やす時間がない


このような課題をたった半年で解決してくれます。


その事例やシステムの仕組みは、→ こちら。