図書館に花 高知市、生産者と生花店支援

インスタグラムの活用方法


【日経新聞掲載】2020年6月26日


高知市は26日、同市内にある図書館と科学館の複合施設「オーテピア」で高知市産の花の展示・撮影スポットを開設した。新型コロナウイルスの感染拡大による冠婚葬祭やイベントの激減で行き場を失った花を活用する。11月25日まで全国一の生産量であるグロリオサを中心に展示する。


市内の13の生花店が交代制で花を飾る。26日から7月2日の担当である生花店はオーテピアの1階と2階のスポットに、グロリオサとオンシジューム、クラスペディアを飾り付けた。花は生産者から買い付けたり、花き卸から仕入れたりした。代金は後日、高知市が店に支払う。


29日から12月4日までは市役所本庁舎に同様のスポットを設ける。オーテピア、市役所いずれもインスタ映えするスポットとしてPR。ハッシュタグ「#こうちのohana」に投稿された写真の中から優秀作品を選び花をプレゼントする。


市は今回の企画でコロナにより春の入学卒業式、送別会などがなくなり花の需要が消失し今でも苦境にあえぐ生産者や生花店の知名度向上に寄与したい考え。期間中、300万円の予算で展示する花を買い上げる。



インスタグラムのフォロワーを5000人にしませんか?


例えば、良質なコンテンツを用意しても、それを見てくれるユーザーがいなければ意味がありません。


インスタグラムを使って集客するためには、まずフォロワーを十分に増やす必要があります。フォロワーの数はアカウントの信頼性にも直結するため、イメージアップにつなげることも可能だと思いませんか?


ただ、最近はインスタ映えするコンテンツを投稿しても、なかなかフォロワーが増えなかったり、一過性のフォロワーが集まったりする傾向にあります。そのため、店舗や商品のターゲットを設定した上で、そのターゲットとなるユーザーに訴求することが大切です。


でも、あなたの仕事は、本体はインスタ運用ではないはずです。インスタグラム の集客ができるパターンがわかっても、その施策を行う時間は相当なものです。


ネットフェニクスでは、そのターゲティングされたフォロワーを増やすという点を解決する、Limのインスタフォローアップ集客システムをご紹介します。


このシステム導入によって、


・フォロワーが増えない

・増えても全く興味のない人しか集まらない

・増やす方法がわからない

・増やす時間がない


このような課題をたった半年で解決してくれます。


その事例やシステムの仕組みは、→ こちら。





NETFENIX_logoインスタ色.png
会議中

インスタ集客なら

まずはご相談ください

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ホワイトInstagramのアイコン

株式会社ReF

一次代理店

ネットフェニックス合同会社

代表:坂本迪宇

〒574-0041
大阪府大東市浜町5-20-306

072-888-0787

info@net-phoenix.com

インスタ集客

©2020 NETPHOENIX G.K.
電話0728880787掲載.png